メニュー 閉じる

『文字から見る日本語の魅力と特性』

各言語が持つ文字は、文法以上にそれ自体でその国の文化を雄弁に語る。中心なくつながろうとするひらがな、カリソメのカタカナ、そして絵画と文字の中間者である漢字…。日本語の書字はアルファベットと違い「肉体」を持つ。その特殊であやうい位置と凛とした世界観に触れる。シニフィエとシニフィアンの考察、西洋のカリグラフィーとの比較などから、東洋文化の特質もあぶりだしていく。(2010『書をめぐる旅』のリメイク再演)

2012/05/24(木)
大阪市立総合生涯学習センター 第5会議室 19:00〜21:00 [ 終了致しました ]

…会場のキャパが少し小さいため、定員に達しました。ありがとうございます。(5/23 22:00 タガワ)

関連記事