メニュー 閉じる

『シリーズ西洋美術史〜古代ギリシア・ローマ』

定員となりました。ありがとうございます。(4/12現在)
キャンセルなどがあり次第追加を受け付けます。お待ちください。

古代ギリシアの彫刻は決して純白ではなく実は極彩色であったし、古代ローマのコロセウムでは目を覆いたいほどに残酷なショウが娯楽として楽しまれていた。千年以上未来の人々が「ルネサンス」を掲げ、そこに立ち還りたいと願った輝かしい古代ギリシア・ローマとはどんな文化だったのか。美術と技術が同じ人の手技として同一の言葉であらわされた時代。それゆえに、美術や彫刻だけでなく、哲学や建築、機械、史実すべて連動させて、ダイナミックな古代ギリシアとローマを振り返る。

2013/04/24(水)
大阪市立総合生涯学習センター 第1会議室 19:00〜21:00 [ 終了致しました ]

関連記事